SPBS ONLINE SHOP

商品詳細

※クリックで拡大します。

友達にこの商品をすすめる 友達にこの商品をすすめる

ROCKS 3号

1,620円(税込) (本体価格:1,500円, 消費税:120円)

2008年に創刊した『ROCKS』、SPBS創業10周年を記念し数量限定販売をいたします!

------------------------------------------
ロックじゃないからロックに憧れるわけだし、
ロックじゃないからロックになりたいわけだし、
そんなロックとの付き合い方もあるんじゃないか。
そう思い至った途端、一気に心が軽くなった。だから僕は、
ロックと言い続けています。ロックじゃないくせに。ロックになりたくて。
(『ROCKS』風とロックとROCKS より抜粋)
------------------------------------------


『ROCKS』03号の特集は【風とロックとROCKS】。

『月刊 風とロック』=2005年に創刊された「定価0円」の雑誌(あえて
フリーペーパとは言わない)。首都圏のタワーレコードやTSUTAYAを中心に配布されている。デザインは「へたうま」を超越した「破壊型&破滅型」。
『風とロック』編集長の箭内道彦さんと、オノヨーコさんによる対談から本誌は始まります。


箭内さんは、「明日が訪れるとは思っていない」と言います。「明日、普通に生きていると思える感覚が、理解できない」とも言います。だからこそ、一番やりたいことを、いま、すぐにやる。日々これ最終回だと思って仕事に取り組む。「これ、俺の最後のCMになるかもしれないな」と思いながら仕事に取り組んでいるのです。まさに、「いまこの瞬間のために生きるロックミュージシャン」のようであり、「目の前のプレーに集中しているアスリート」のようです。

(中略)

かつて俳優の天本英世は、「スペインは死の国だ。だから、生がある」と言いました。死と向き合っている国民だからこそ、そこにはエナジーがあるという意味です。

“NO TOMORRIW”
今回の特集を通じて、箭内さんの「疾走感」を感じていただけたら幸いです。
(特集 冒頭ページより)


  • ■ 発行:2008年12月
  • ■ コンテンツ:
  - 風とロックとROCKS
  : オノ・ヨーコ×箭内道彦
  「世界一ロックな女と箭内の明日なき邂逅」・・・and more

  • ■ サイズ:B4変形
  • ■ ページ数:122P
  • ■ 定価:1,500円+税
  • ■ 編集発行人:福井盛太
  • ■ 発行:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS, LLC


*数に限りがございますので、品切れの際はご了承ください。
*商品により、少々傷み・汚れがあるものもございます。


▼SPBSオリジナルコンテンツ
SPBS10周年記念スペシャルトーク。
「川上未映子の10年。日本文学の10年」(前半) https://www.shibuyabooks.co.jp/post/811/
出版社 SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

数量:

お気に入りリストに追加

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。