SPBS ONLINE SHOP

商品詳細

※クリックで拡大します。

友達にこの商品をすすめる 友達にこの商品をすすめる

WHITE LAND

6,264円(税込) (本体価格:5,800円, 消費税:464円)

モスクワ、アルメニア、日本は北海道の根室など……。アメリカ在住のフォトグラファー、高橋ヨーコさんが24年間撮りためた、世界中の極寒の景色をまとめた写真集。

***

「なぜその地を選んだのか、はっきりとは覚えていないのだけれど、壁が崩壊して間もない鉄のカーテンの向こう側を見てみたかったのと、その凍てつく寒さと白い世界に自分の身を投げ入れてそれを映してみたかったのだと思う。予想に違わぬ厳しい寒さと、まだまだ共産主義の色が濃く残る社会へのシステムへの戸惑いから、これから毎日どうなるんだろうという不安でいっぱいであった。

-40度にもなろうかという知らない街でただカメラを提げて歩き回り写真を撮った。誰かにもらった期限切れのフィルムと中古のNikon。
写真を撮ること以外にはやることはなく疲れたら宿に帰り、言葉のわからないテレビをぼんやりと聞き流す。お湯の出ない部屋では温まることもできず寒さで震え薄い毛布にくるまった。撮ったフィルムだけは失くさぬように大切に抱えて移動を繰り返し、なんとか無事に旅を終えた。

あの時から20数年が過ぎ、もっと沢山のカメラを持てるようになり(運ぶのが大変になった)、期限の切れていないフィルムを存分に持っていける(撮りすぎてしまう)ようにもなった。お湯の出ない部屋に当たることはあるけれど少しはマシな宿にも泊まれるようになった。けれども変わらずカメラを提げて世界のどこかへ白い世界を探しに出かけている。旧ソビエトから北ヨーロッパ、そして北海道。何度行ってもうまく雪の日に当たることができず1枚も撮影しなかった街もある。シベリアへは何度足を運んだだろう!
そしてどこへ行っても未だにカメラを提げて歩き回るだけで、写真を撮ること以外にやることはないままだ。」高橋ヨーコ(『WHITE LAND』リリースより)

***


『WHITE LAND』(限定1,000部)
■ 発売日:2018年7月12日(木)
■ サイズ:28.5cm × 22cm
■ ページ数:128P
■ 定価:5,800円+税
■ 発行:Ontario paper
■ デザイン:Mitsuhiro Ikeda(DRAWER Inc.)

▼【 7/12開催】高橋ヨーコさん(写真家)×岡本仁さん(編集者)『WHITE LAND』刊行記念「どうしていま写真集をつくるのか?」イベント詳細はこちらhttps://www.shibuyabooks.co.jp/event/1743

数量:

お気に入りリストに追加

この商品を買った人は、こんな商品も買っています

流行通信 Ryuko Tsushin 2003年2月号 vol.476 食空間、食器、喫茶

5,400円

『流行通信』vol.476(2003年2月号)のテーマは「食空間、食器、喫茶」。表紙は、ピンク色の背景にいちごショートケーキの切り抜き写真がポップなデザインです。パリやベルリン、ウィーンなどヨーロッパのお菓子やマーケットの写真、世界のデザイナーの食器棚、身の回りの風景から連想されるアイデアお菓子(レシピ付き!)など、パラパラめくると新しい世界が広がる、楽しく美味しい特集が詰め込まれた1冊。

商品詳細へ

light years -光年-

4,320円 [希望小売価格:4,000円]

19歳の写真家・石田真澄、初の作品集。二度と戻らない時間、言葉、光......飛び去るように過ぎた今でも思い出すだけで少しの痛みを伴って輝く、刹那の瞬間の記録。

商品詳細へ

[Noritake]MORE THAN YESTERDAY

1,080円 [希望小売価格:1,000円]

ライフスタイル雑誌『& Premium 』(マガジンハウス) で現在も連載されている『18 MILES OF BOOKS 果てしのない本の話』をまとめた1冊。

商品詳細へ

ROCKS 7号

1,296円

時代が変わっても生き様は変わらない、流行として消費されない人たち=「ROCKS」が自由に自己表現をするカルチャーマガジンです。安易なプロモーション主義を重視した雑誌とは一線を画し、表現したい人だけが集い、新たな価値観が生まれていく場所として2008年に誕生し、全7冊を発行。(本商品は07号です。)

商品詳細へ

The Purple Journal 8

5,400円

『The Purple Journal』は、Elein Fleissが『Purple』を引き継ぐかたちで新たに創刊した季刊誌です。エッセイやレポート、写真など、独自の切り口でファッションを含む様々なカルチャーを紹介しています。

商品詳細へ

ROCKS 創刊号

1,296円

時代が変わっても生き様は変わらない、流行として消費されない人たち=「ROCKS」が自由に自己表現をするカルチャーマガジンです。安易なプロモーション主義を重視した雑誌とは一線を画し、表現したい人だけが集い、新たな価値観が生まれていく場所として2008年に誕生し、全7冊発行しました。

商品詳細へ

NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える (blkswn paper vol. 1)

1,296円 [希望小売価格:1,200円]

元『WIRED』編集長の若林恵さんが始めたコンテンツメーカー「黒鳥社」による"紙の読み物"「blkswn paper 黒鸟雑志」第1弾です。

商品詳細へ

saji OZONI お正月ごっこ[お雑煮]

1,620円 [希望小売価格:1,500円]

「今、たべているものが10年後のからだをつくる」をコンセプトとする雑誌『saji』最新号のテーマは「お雑煮」

商品詳細へ

The Purple Journal 11

8,100円

『The Purple Journal』は、Elein Fleissが『Purple』を引き継ぐかたちで新たに創刊した季刊誌です。エッセイやレポート、写真など、独自の切り口でファッションを含む様々なカルチャーを紹介しています。

商品詳細へ

The worth of worthless things

3,024円

「banryoku」の名義で活動するアーティスト、中村万緑子さんによる初の作品集。

商品詳細へ

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

> PICK UP